FC2ブログ

宮城県の復興まとめ

宮城県の復興状況や、経済、土地情報などをリアルタイムにお伝えします^^v

~ ブログご案内 ~
最新ニュース^^v
役立つリンク!^^v(2016年リニューアル!)
東北ずん子・LOVE^^v

  

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


一般会計139億円 新学校給食センター工事費15億円を確保(角田市27年度予算案)

角田市 ] 2015/02/18(水)

(某日刊建設紙より^^;)

一般会計139億円 新学校給食センター工事費15億円を確保(角田市27年度予算案)(2015/02/17)

 角田市は16日、27年度当初予算案を公表した。一般会計の総額を前年度比5.5%減の139億4000万円とする。過去最高の予算額だった昨年度に続き過去2番目の大規模予算。目玉事業では、新学校給食センター整備事業の工事費に8億9600万円を盛り込み、27・28年度の債務負担に限度額5億9200万円を設定した。27年度に建築工事を発注し、秋頃に着手する。
 一般会計と特別会計6事業、企業会計1事業を合わせた予算総額は249億4971万円で、同0.1%の微増となっている。一般会計の投資的経費を見ると、普通建設事業費は23億0895万円で、同40.2%の減。
 一般会計の主な新規建設関連事業を見ると、公園施設長寿命化計画の策定業務委託費に2000万円を計上。市内14カ所の都市公園を対象とした詳細点検や長寿命化のための計画をまとめる。災害対策事業では、防災マップ作成業務委託費などに1982万円を盛り込んだ。
 継続事業では、学校給食センター整備事業について、本体施設などの建設工事費8億9600万円、工事監理業務などの委託費778万円を措置。老朽化に伴う移転改築で、建設予定地は西根中学校跡地(高倉字呉服屋35)。設計業務は、久慈設計(仙台支社・仙台市青葉区)が担当。28年8月の供用開始を目指す。総事業費は約16億円。
 このほか、にぎわいの交流拠点施設整備事業に用地取得費4400万円と施設設計業務委託費など2213万円を措置。住社橋橋りょう整備事業に橋台1基の下部工工事費として1億9657万円を計上する。(仮称)仙南クリーンセンター建設に係る毛萱地区の地元対策事業に1億5394万円、金津石川口線など9路線を対象とした道路舗装修繕事業に1億2864万円、太陽光発電設備設置事業に1億7502万円を追加した。
 特別会計では、公共下水道事業の汚水施設建設事業に2億0276万円、雨水施設建設事業に1億9800万円を確保する。雨水施設は、自然排水が難しい地形の野田排水区に雨水ポンプ場を整備する。本体施設や流入管渠などの詳細設計業務を日新技術コンサルタント(東北技術事務所・仙台市青葉区)が担当し年度内にまとめる。整備は27、28年度の2カ年で進める計画だ。
 企業会計を見ると、水道事業の資本的支出として、高倉配水池の整備事業に4億7120万円を措置。受水池本体の築造工事費や配水管布設工事費を追加した。





スポンサーサイト
14:17 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


ごみ焼却施設着工 17年稼働目指す・角田

角田市 ] 2015/01/16(金)

(某地元紙より^^;)

ごみ焼却施設着工 17年稼働目指す・角田(2014/12/27)

 仙南地域の2市7町で構成する仙南地域広域行政事務組合が角田市毛萱に計画する広域ごみ焼却施設「(仮称)仙南クリーンセンター」の工事安全祈願祭が25日、現地であった。2017年3月の完成、翌4月の稼働を目指す。
 センターは鉄筋コンクリートなどの地下1階、地上6階で、延べ床面積は約1万1400平方メートル。建築面積は約4900平方メートル。流動床式ガス化溶融炉により、1日当たり200トンの可燃ごみを処理する。建設費は約119億円。
 設計から建設、運営までの一括委託方式を採用。委託先は廃棄物処理施設を手掛ける神鋼環境ソリューション(神戸市)で、31年度までの運営が決まっている。
 関係者約100人が出席した式典で、組合理事長の風間康静白石市長は「最重要課題だった施設の整備が地域の理解を得て実現することになった」と述べた。




20:25 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


空き店舗、集いの場に 街なかサロンオープン

角田市 ] 2014/08/24(日)

(某地元紙より^^;)

空き店舗、集いの場に 街なかサロンオープン(2014/08/24)

 空き店舗を地域住民の交流の場に生かそうと、角田市の中央通り商店街に14日、街なか交流サロン「ひだまり」がオープンした。
 開所式には大友喜助市長ら関係者50人が参加。運営主体となる角田市シルバー人材センターの菊池五郎理事長は「高齢者が楽しく集い、前向きに生きる心を育んでもらいたい」とあいさつした。ハーモニカ演奏や餅の振る舞いで開所を祝った。
 サロンは当面、平日午前10時から午後3時まで年齢を問わず利用でき、利用料は1回100円。茶話会や手芸、折り紙などの各講座、児童向けの宿題広場なども企画中。連絡先はひだまり0224(51)8081。

kakudahidamarisentar.jpg
Google Map^^


参考URL:
・(公益社団法人)角田市シルバー人材センターブログより→http://blog.goo.ne.jp/kakuda-silver/e/d7eede56faebd3fdbb9810c5b7b40d2c?fm=rss
・同上HP→http://www.kakuda-silver.or.jp/





20:47 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


角田の太陽光発電施設が完成 センコン物流 年80万キロワット時見込む

角田市 ] 2014/06/19(木)

(某地元紙より^^;)

角田の太陽光発電施設が完成 センコン物流 年80万キロワット時見込む(2014/06/19)

 センコン物流(名取市)が角田市君萱に建設を進めていた出力約800キロワットの太陽光発電施設が完成した。同社の太陽光発電施設としては県内で6カ所目となった。
 敷地面積は約1ヘクタールで賃貸借した農地を転用し、3096枚の太陽光パネルを設置した。年間発電量は80万キロワット時を見込み、発電した全量を東北電力に売却する。
 着工は昨年7月で、総工費は約2億5000万円。子会社のセンコンテクノサービス(名取市)が運営する。
 現地で今月上旬にあった竣工(しゅんこう)式には関係者約40人が出席。センコン物流の久保田晴夫社長は「原発の再稼働が見込めず国内の電力事情が厳しい中、火力などで補うだけでは貿易収支の赤字が続き、地球環境にもよくない。再生可能エネルギーの新事業に挑んで地域に貢献したい」と述べた。
 同社の県内6カ所の合計年間発電量は421万キロワット時で、一般家庭約1200世帯分の電力消費量に相当するという。売電による売上高は年間約2億円を見込む。

senkonkakukda.jpg

solor kakuda senkon
Google Map^^ 
 

参考URL:
・過去の記事(2014/05/28)より→http://sendaishiro2014.blog.fc2.com/blog-entry-412.html






18:23 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

宮城県ニュース速報 

天気予報(宮城県)^^


       

海の状況^^

             

commercial2




commercial3

commercial4




commercial9

trip advisor

        

commercial10

        

commercial6

         

日帰り温泉情報!^^;

むすび丸サイト^^

  musubimarusaito.jpg

東北ずん子・LOVE

   zunkochan.jpg

宮城県の情報をあつめよう^^v

    2chikioi.jpg

    bakusai.jpg

    icon google

    twittermiyagi.jpg

アクセスカウンターα^^


  

trivago

                

trip advisor

       

commercial8

           

commercial1

          

commercial5

          

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。