FC2ブログ

宮城県の復興まとめ

宮城県の復興状況や、経済、土地情報などをリアルタイムにお伝えします^^v

~ ブログご案内 ~
最新ニュース^^v
役立つリンク!^^v(2016年リニューアル!)
東北ずん子・LOVE^^v

  

スポンサーサイト

スポンサー広告 ] --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | コメント(*) | 先頭 | TOP


製造業の立地続々 国道4号沿い川根工業団地

大河原町 ] 2015/12/29(火)

(某地元紙より^^;)

製造業の立地続々 国道4号沿い川根工業団地(2015/12/27)

 宮城県大河原町金ケ瀬の川根工業団地に、製造業2社が相次いで立地する方向で調整が進んでいる。交通アクセスが良く、上下水道などインフラが整っていることが評価されたとみられ、年度内にも決定する見通し。別の製造業者も周辺の土地取得を検討しており、一層の工場集積が見込まれる。
 団地は国道4号と白石川に挟まれた約2.7ヘクタール。町は自動車部品と液晶パネル部品を手掛ける2社と詰めの協議に入った。自動車関連はエンジン部品を製造。近くに鋳造部品製造工場があることから立地を決めた。液晶パネルは蔵王町に関連工場があり、周辺で適地を探していたという。
 団地東側に工場がある生活用品の製造卸会社も周辺の畑の取得を視野に町と調整を進める。製品の保管場所確保や生産体制の拡大を図るとみられる。町は3社で計150人の雇用を見込む。
 川根工業団地は、かつてしょうゆの原料工場や野球場があった。東北自動車道村田、白石両インターチェンジまでは車で15~20分。町商工観光課の担当者は「更地で工場などをすぐに建てられる点も重視したようだ」と説明する。
 町は「仕事をつくり安心して働けるようにする」などを柱とした地方創生の総合戦略を作成している。伊勢敏町長は「人口減少を最小限に食い止め、魅力ある町にしていく」と話した。

kawan kogyo
Google Map^^l


参考URL:
・宮城県HPより→http://www.pref.miyagi.jp/sanritu/ritchi_guide/e_guide/02_kawane/index.html
・大河原町HPより→http://www.town.ogawara.miyagi.jp/team/syoukoukankou/syoukou/kigyouyuuti/kigyouritti.html






スポンサーサイト
21:14 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


自販機、防災に一助 大河原・柴田に設置

大河原町 ] 2015/03/07(土)

(某地元紙より^^;)

自販機、防災に一助 大河原・柴田に設置(2015/03/07)

 緊急地震速報や災害情報を表示できる電子画面が付いた自動販売機が大河原町と柴田町に設置され、両町は6日、設置した飲料メーカーと防災情報提供に関する協定をそれぞれ締結した。県内では初めての設置で、両町は「災害時の速やかな情報発信に役立つ」と期待している。
 販売機は、大河原町中央公民館と柴田町役場の1階に設置した。普段は町や観光の情報、気象情報を表示し、緊急地震速報や津波の情報を自動受信すると画面と音声で周囲に伝える仕組み。掲載内容は市町村が自由に変更できる。
 設置者のダイドードリンコ(大阪市)によると、停電しても10時間程度は表示が続くという。維持管理の費用も同社が負担し、市町村の要請に応じて発電機も用意する。
 協定を結んだ大河原町の伊勢敏町長は「災害情報を24時間、タイムリーに発信できる」と歓迎。柴田町の滝口茂町長は「住民に素早く的確に伝えることができる」と語った。
 ダイドードリンコは今後、設置場所を増やす方針。松林毅東北第一営業部長は「防災の一助として役立ててほしい」と話した。






00:00 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


桜並木より美しく 苗木130本植樹

大河原町 ] 2015/03/01(日)

(某地元紙より^^;)

桜並木より美しく 苗木130本植樹(2015/03/01)

 白石川沿いの桜並木を後世に残そうと、大河原町で28日、桜の植樹祭があった。子どもたちや地域住民ら約300人が大谷地区の右岸河川敷約2キロに苗木130本を植えた。
 同町から柴田町にかけての桜並木は「一目千本桜」と呼ばれ、「日本さくら名所100選」にも数えられている。今回は桜が植えられていない同町南西部の川沿いに植樹した。
 参加者は高さ5メートルほどの苗木を十数メートル間隔で植え、土を丁寧に掛けて水を与えた。大河原南小5年の佐藤拓海君(11)は「太く大きく育ってきれいな花を咲かせてほしい」と期待した。
 町と関係団体による実行委が主催し、企業や団体からの補助金で苗木を購入した。開会式のあいさつで伊勢敏町長は「桜の町を育てていこう」と呼び掛けた。






00:00 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP


再生エネプラント建設目指し調査・大河原町(2014/08/13)

大河原町 ] 2014/08/15(金)

(某地元紙より^^;)

再生エネプラント建設目指し調査・大河原町(2014/08/13)

 大河原町は12日、再生可能エネルギーの製造プラントの町内建設を目指し、実現可能性を調査する方針を明らかにした。エネルギー関連の企業などと協議会を設立して検討し、来年3月までに結論を出す。
 水素ガスなどを生産できる木質バイオマス発電施設を想定。可能と判断されれば、建設や関連企業の誘致に乗り出す。
 町によると、プラントは間伐材を原料に水素ガスや電気、熱を生み出す。水素は燃料電池車や家庭用燃料電池で利用。電気は売電し、熱は大型園芸施設を整備して使う。間伐材は県南部から広く集めたい考えだ。
 協議会には発電施設の技術を持つジャパンブルーエナジー(東京)のほか大手企業、金融機関、林業団体などが入る方向。立地場所やプラントの規模を検討する。協議会の経費は県の補助金を活用できる見通しという。
 ジャパンブルーエナジーが3月、同町に立地を打診。町は5月と7月に勉強会を開くなどしてきた。
 町議会全員協議会で説明した伊勢敏町長は「再生可能エネルギーは成長分野の一つ。環境先端産業の誘致につなげ、町内の産業振興にも結び付けたい」と話した。
 同社は東日本大震災からの復興を後押しするため、宮古市でプラント建設を進めているほか、全国では石川、群馬、宮崎各県で取り組んでいる。


参考URL:
・大河原町HPより(2014/08/12参照)→http://www.town.ogawara.miyagi.jp/mayor/chocho-kara.html
・同上HPより→http://www.town.ogawara.miyagi.jp/data/open/cnt/3/1901/1/siryo.pdf





20:16 | トラックバック:0 | コメント:0 | 先頭 | TOP




| このページの先頭へ |

宮城県ニュース速報 

天気予報(宮城県)^^


       

海の状況^^

             

commercial2




commercial3

commercial4




commercial9

trip advisor

        

commercial10

        

commercial6

         

日帰り温泉情報!^^;

むすび丸サイト^^

  musubimarusaito.jpg

東北ずん子・LOVE

   zunkochan.jpg

宮城県の情報をあつめよう^^v

    2chikioi.jpg

    bakusai.jpg

    icon google

    twittermiyagi.jpg

アクセスカウンターα^^


  

trivago

                

trip advisor

       

commercial8

           

commercial1

          

commercial5

          

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。